« 大泉にて | トップページ | 淀川河川敷公園 »

2006年7月31日 (月)

近所の公園へ

■ちひろのホフマンバイク、りこのアーレスバイクを購入した東大阪のBMX専門店「かいた屋」さんで聞いた情報により近所の公園にもBMX練習コースがあると知りました。

梅雨の真っ只中でホントに毎週末は雨雨雨・・・これまで何度も遊具ばっかり目当てにいってた近所の公園!高速で一時間の「大泉」に雨の中はなかなか行けないけれど、30分以内の近場にこんな素敵な場所があったなんて♪

多少雨やどりしながら休めるポイントもあって、私達家族は折り畳みチェアーを4つ持ってお弁当にクーラーボックス・おやつ持参で雨の日でも通っています。

初めて行った日、一番デッカイコブ×3でスーパージャンプしてるかっこいいお兄さん達三人に出会いました。

私らのレベルではこのデッカイコブでジャンプどころか登って降りるだけでもかなり勇気がいる!ていうか無理!1個目超えても絶対2個目が登りきれずに転げ落ちて自転車が降ってきそう・・ひぇぇー(冷汗)。

そんなデッカイコブをバンバン飛んでる気持ち良さそうなお兄さん達に一番最初に近づいて行ったのは言わずとしれたちひろくん。『アッ、ジャンプするのーっ。モーイッカイっ』休憩ポイントで休んでるお兄さんところまですごい坂道・・途中自転車降りて押して登って近づいて・・。 『??』 『ジャンプーっアブナイするのぉーっ!』ニコニコ顔で近づいて座ってるお兄さんのシャツ引っ張ってる。『んー?よし。ジャンプやったろー!』そしてスーパージャンプ!ちひろ大喜び!そしたら次のお兄さんのシャツ引っ張って 『ジャンプーっ』 と催促してる(笑)。

さすがにパパが登って行ってご挨拶。・・なんだかとっても和やかムードの談笑の後『ちひろ行けっ!』の声。なんとちひろが坂道(スタートヒル)を下ってデッカイコブへ・・『うわっちひろっ無理やっ』と私の声。・・・でも分かっているんですねー、自分にはまだ無理だって。自閉症でもそんなことは分かってる。ちゃんとコブの手前でターンして恥ずかしそうに戻っていきました。

『一年くらい練習したら、あのコブも飛べるようになるって!よぉーし!俺も絶対飛べるようになったるでぇーっ!』パパの決意の声を横でニコニコ聞いてたちひろ。きっとちぃくんだってねぇ♪

Bmx ■ストリート練習用のコンクリートコース。こちらはパークライド志望のパパの練習にもってこいの場所。広くて急なRもジャンプ台もあって数人のスケボーのお兄ちゃん達がこれまたカッコよいライディング&ジャンプを決めてます。でも一般人にはなんとなく入りにくいエリア&オーラです。・・そんなこと考える思考回路を持たないちひろくん、やはりここでもすんなりコースデビューを果たしました。4歳の妹りこもえげつないスピードでRを下りジャンプ台へ特攻していきます・・勇気あるぅー・・

おんなじDNAの恥知らず母も『お兄ちゃん何年生?』と一番若そうな男の子に声をかけてみました。『6年生』『かっこええな。スケボー何年やってんの?』『3年!・・BMX?』『うん。これから頑張るわ』『うん頑張ってや!』

ストリートの仲間意識?みたいなのがあって、同じBMXはもちろんスケボーのお兄ちゃんともなんとなく繋がってる同胞意識みたいなので通じてしまいます。

 「繋がってる」ってことは、普段地域や学校の中でも色々感じて生きてるつもりですが、こんな場所でも大好きなことを通じてまた全然違う世界の人々と「繋がっていく」んですね

Bmx_1  BMXは楽しい!けどそんな新しい繋がりの拡がりはまた格別に楽しい!

好きなことやる気持ちは自閉症の子だっておんなじ自然なこと。ナチュラルな関係でそれを感じてくれる人がまた一人増えてくれたかなーと自己満足で母は今日も嬉しい♪♪

|

« 大泉にて | トップページ | 淀川河川敷公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136473/2871866

この記事へのトラックバック一覧です: 近所の公園へ:

« 大泉にて | トップページ | 淀川河川敷公園 »